大きくする 標準 小さくする

AGU Boxing blog 2012/7

4年間のボクシング

 written by 笹田 恭平 投稿日時:2012/07/15(日) 04:28

こんばんは。4年笹田です。ブログが大分滞っているので、書きたいと思います。

本日の納会をもって引退となりました。お忙しい中参加してくださった、小林会長、伊藤先生始めOB、OGの諸先輩方、本当にありがとうございました。この1年間主将として、チームをまとめようと自分なりに努力してきましたが、最後まで期待に沿うような働きができず、申し訳ありませんでした。納会の最中にも浅和監督から指導される場面があり、まだまだ課題だらけだと改めて感じました。監督からは常に同期と一生付き合えるような関係になるように、同期と協力、相談し合っていくように言われていましたが、それが未だにできていなかったことは大変恥ずかしいことだと思います。もう2度と言われないように、自覚を持って行動していきたいと思います。また後輩にもしっかり伝えていきます。

先程引退と書きましたが、自分の中ではボクシングをあと少し続けたいという思いがあります。なぜなら今まで約20戦試合をやってきて、1試合も満足いく試合ができていないからです。監督からは試合で手を抜いているから当たり前だと思われるかもしれませんが、最近になってその通りだと強く感じるようになりました。普通の人は試合経験を積めば積むほど、練習したことが試合でより多く発揮できるようになるし、試合に向けてそれまで以上に練習します。だから、強くなるためには試合に出ることは大事だって監督やコーチも常に言っていました。しかし、自分の場合は試合経験を積めば積むほど、スタミナ温存の仕方とか、楽に勝つ方法を考えるようになり格下の選手にはなめて、ガードしなかったり、カッコつけた試合をしていました。それで勝てる試合を何試合も落としてきました。今年の文京区大会もそうでした。試合しながら、勝ってると勝手に判断し、3R目も無理に攻めにいきませんでした。インターバル中、監督からはポイントを取りきれていないと言われていたにも関わらず、それを無視してしまったのが敗因でした。改めて考えるとせっかくセコンドついてくれている監督、また応援してくれているコーチ、部員にも失礼な試合をしていたと思います。実際スタミナがないのも事実。1部の選手を見ているとテクニックやパワーはもちろんだけど、それよりもよくあんなに手数を出せるなと感じます。自分だったら1Rか2Rの最初までしかもたない。でも1部の選手のやっているのが本来のアマチュアボクシングだと思います。俺も去年の9月まで合同練習以外でランニングや筋トレを毎日してきました。実際その頃は部員の誰よりも練習していた自信があります。しかし神奈川県選手権の決勝でRSCで負けて目標を見失い、それ以来、合同練習には休まず参加するけど、自主練習は一切していませんでした。本来ならば、選手権で負けた時点で、一番の目標であるトーナメント戦に向けて追い込まなければなりませんでした。今年トーナメント戦1回戦で負けたのも、そういう気持ちの弱さが原因です。去年の12月の駒沢の選手と試合した時も、勝ったというより、勝っちゃったって感じでした。練習不足から1R後半でスタミナ切れて、あとはホールドして序盤にとったポイントで逃げきっただけでした。試合後も、後輩の前で恥ずかしい試合するなと怒られたにも関わらず、そのあと後輩を連れて遊びに行っていて、今考えると本当に馬鹿だったと思います。
最近怪我をしているため、試合には出ず、応援という形で外から試合を見ていると、うちの選手は試合経験が浅いからスタミナ配分できていないのもありますが、1R,1R全力を出していて、一生懸命やってるなと思います。そういう試合を見ていて、次試合に出るときは次のRを考えずに、全力を尽くす試合をしようと思いました。上級生として後輩にそういう姿勢を見せていかなければならないのに、逆に教わってしまって、本当に情けないと思います。今更遅いと思われるかもしれませんが、最後に誰が見ても最高の試合だったと思ってもらえる試合をして正式に引退したいと思っています。

今までボクシングに対する気持ちを書きましたが、この部活に入って人間的にも成長したと思います。1、2年生の頃はよく先輩から目見てしゃべれとか、もっとはきはきしろと言われました。監督に相談に行くときも以前は「~があったんですが、どうすればいいですか?」と言っていました。その時相談するときは「~と思うのですが監督はどう思いますか」と自分の意見を言ってからにしろと言われました。考えてみれば当然のことですが、以前は全くできていませんでした。しかし、最近ではある程度改善されてきたのではないかと思います。就職活動をしていて最低限これができていないとどこの企業からもとってもらえない。内定をもっらた企業の面接官から少し落ち着きはないけど、自分の考えを持っていて、しっかり相手の目を見て話しているところが良いと言ってもらえました。それはこの部活で色々指導していただいたおかげだと思っています。この4年間で全ての先輩に大変お世話になり、感謝していますが特に壮太郎さん、李さん、沖野さん、真里さんには入部した時から練習以外でも、ご飯に連れて行ってもらったり、色々と面倒見てもらい感謝しています。監督、コーチ始めOB,OGの方々ありがとうございました。今までの主将だった先輩は色々後輩の話をよく聞いて、チームをまとめていましたが、俺はカッとしやすく、言うこと聞かないと部員がいると手出したりして、気まずい雰囲気にしていたと思います。それでも1年間協力してくれた部員にも感謝しています。朝鮮大学も主力選手が残った状態で残留していて来年も厳しい試合が多いと思いますが、今後も練習や合宿にもできる限り参加して、後輩たちが来年昇格できるようにサポートしてきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。まとまりのない文章ですが、テスト勉強(30単位残っているので、、、)があるので失礼します。


<< 2012年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31