大きくする 標準 小さくする

AGU Boxing blog 2010/10/28

頑張る時はいつも、今

 written by 柴田 真里 投稿日時:2010/10/28(木) 21:07

お久しぶりです!

3年マネージャーの柴田です☆

野崎星先輩に後輩へ指導をして頂きたく、出来れば毎週来て頂けないか頼んだところ…

快く引き受けてくださいました!!

有難うございます!!

部への熱意を語り倒し、多分聞いてて鬱陶しかったと思いますが許してくださいね、野崎先輩!(笑)


前置きは、さておき・・・


今日はプロ野球のドラフト決定の日ですね!

私も先程まで、テレビで中継を見ていました。

その中で、とある選手のいつも胸にとどめている言葉が何だかジーンときたので

書かせて頂きます!!

その言葉とは・・・



「頑張るときは、いつも<今>」


凄く素敵な言葉だな、と思いました。

そうなんです。

頑張るのに時期なんて関係ないのです。

私は前期の関東大学リーグ戦のことを思い出しました。

あのときOB・OGを巻き込み、選手一同一丸となって、チーム全体で奔走し、

恐らくどの大学にも負けない<チーム力>だった。

と自信を持って言うことが私は出来ます。

私はマネージャーをやっていて何が一番楽しいか、というと、

「変化」が間近で見れることです。

特に選手の「成長」という変化は大好きです。

マネージャーは陰に隠れていて目立たないかもしれない。

それでも自分が選手のために何かをすることで肉体的には勿論、精神的にも成長していく選手を見ていくのがとても大好きです。

私は、その「成長」が止まって欲しくないんです。

他大学になんて負けてほしくありません。

それはどこの大学であってもです。

同じ人間なのだから、頑張れば絶対にどこかで追いつくはずですし、

大学の間に万が一追いつけなくても、そこに近づくことはできるはずです。

試合に近づけば、皆が頑張ります。

それは青学だけではなくて、どの大学も同じです。

だから私は前期のリーグ戦後に書いたブログで「来年こそ、3部昇格します!」と
宣言したからには、それまでに選手に来年の関東リーグ戦までに≪大きく≫成長して欲しいのです。

腕立て伏せができなくて悔しそうな後輩。

怪我をして、練習に参加出来ない悔しそうな同期。

でも、そこで諦めてはいけません。

「頑張る時はいつも、<今>」

来年の関東リーグ戦では4部優勝、3部昇格を実現させてくれると信じています。

私はリングに立てないけれど、

選手のためであれば、選手が成長できるのであれば、何だってやります!

皆でもっともっともーーーーーーーーっと部を盛り上げていきましょう!

最後に私のもう一つ、好きな言葉で締めくくりたいと思います!(笑)


「限界を越えたところで頑張っていると、それがやがて普通になって、更に遠い限界へ行ける」



ではでは、失礼します!

3年
柴田真里

<< 2010年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31